葬儀の際に着用する喪服がりますが、正式と略式があるので自身が参列する葬儀のポジションによってしっかり失礼の内容に選ぶことが基本となります。

葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派
葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派

女性が葬儀の際に着用する和服

葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派
葬儀の際に着用する喪服がりますが、正式と略式があるので自身が参列する葬儀のポジションによってしっかり失礼の内容に選ぶことが基本となります。喪主や親族側の女子の服装ですが、基本的には喪服の正式な和服を選ぶのが良いです。それ以外の葬儀に参列するのであれば略式を選ぶのが良いです。では喪服の中でも和服を着用する場合ですが、まずはアクセサリーとはつけないのがマナーです。つけるとしても結婚指輪程度となり、時計なども外してバッグの中にいれておくのが良いです。また葬儀を行う時の季節などによっても、和服の素材に注意すると良いです。

夏などの暑い季節での葬儀の場合は駒絽や平絽などが一般的となります。逆に冬などの寒い季節であれば素材としては羽二重や一超ちりめんなどを選ぶようにします。また和服の場合では様々な帯や帯締めにバッグに草履などは黒色に統一することも基本となります。おめでたい場ではないので小物など含めて注意しておくと良いです。また和服の場合持っていないという人であればレンタルを利用することが可能ですが、その際は家紋に注意しておくと良いです。このように女性が喪服で和服を選ぶ際には細かなマナーがあるので覚えておくと良いです。

PICK UP! サイト情報

Copyright (C)2018葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派.All rights reserved.