葬儀、つまりは亡くなった人を弔う儀式の事を言います。

葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派
葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派

亡くなった人を弔う儀式が葬儀

葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派
葬儀、つまりは亡くなった人を弔う儀式の事を言います。日本の昔より伝承されている儀式です。その形式は日本昔からの形式でもありますが、その地方によっても、多少はそのスタイルは異なってもいます。亡くなった遺族で執り行う葬儀もあれば、今では葬儀社と言う業者が全てを一切賄うと言う葬儀もあります。中でも遺族の手により執り行われる葬儀は、地方ではいまだに伝承された形式で行われています。亡くなった方のために弔うのが葬式です。かなりの時間を費やして行われると言うのが今のスタイルです。

故人を悼んでまずは線香を焚き、そして蝋燭を灯して食物を備えて、見守ります。和装に身を整え、そして顔には布を被せて見守ります。祭壇の準備が整うまでは、故人の自室に安置され、弔問からの別れが告げられます。そして翌日には祭壇はしっかりと整えられ、夕方より、ご詠歌なる歌が故人のために催されます。このご詠歌なるものが地方により様々スタイルが異なります。そしてその翌日には、いよいよ檀家となる住職による葬式が営まれる訳です。祭壇に向かって、住職による読経が始まり、列席者の一人ひとりが焼香する事になります。祭壇の真ん中には故人の生前の写真が飾られ、そして祭壇の両隣には、花々が飾られると言うのが葬儀のスタイルです。

PICK UP! サイト情報

Copyright (C)2018葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派.All rights reserved.