以前某男優が亡くなった際、喪主である女優の奥様が、喪服も着ずに黒のスラックスとタートルネックで挨拶を務めたとメディアで大ヒンシュクだった事があります。

葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派
葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派

葬儀にふさわしい服装とは

葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派
以前某男優が亡くなった際、喪主である女優の奥様が、喪服も着ずに黒のスラックスとタートルネックで挨拶を務めたとメディアで大ヒンシュクだった事があります。若い人ならまだしも、70代と言う成熟した人間だった為、確かに最後のお別れにその服装はないかなと感じた記憶があります。

葬儀にふさわしい服装は、やっぱり礼服でしょう。一番良いのは喪服と呼ばれるお通夜やお葬式の為の黒い服ですが、最近は冠婚葬祭一通り着こなす事が出来るフォーマル服と呼ばれる服装が好ましいです。正確に言えば結婚式やお葬式など、細かいシーンによってそれ相応のフォーマルが望ましいのですが、今のご時世、こと細かくブラックフォーマルを揃えている人の方が物珍しいでしょうから、夏用、冬用の二着位は社会人になると用意しておくのが好ましいでしょう。営業などしていると、先方や取引先に突然の不幸が訪れる事もあります。急な葬儀に備えてロッカーに常備している人もいる位ですから、年を重ねれば重ねる程、葬儀で着る服一つとっても人間性を見られてしまうと言う事になります。

ちなみに少し余談ですが、制服を着用する若者は、冠婚葬祭いかなる時もフォーマル服と同じように対応してくれる万能服が制服となる訳です。

PICK UP! サイト情報

Copyright (C)2018葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派.All rights reserved.