現代のような核家族化に於いて、若い時から葬儀に関わると言う事は少なくなってきています。

葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派
葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派

葬儀における友引の注意点

葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派
現代のような核家族化に於いて、若い時から葬儀に関わると言う事は少なくなってきています。かつては三世代同居が珍しくなく、子供の頃から祖父、祖母の葬儀を見る機会はありました。母親が近所の葬儀の手伝いに行くと言う事も多く、子供なりに「人が亡くなると言う事」に付いて、ある程度の知識は持っていました。

今は、親の葬儀が初めてと言う人も多いでしょう。その時になって慌てないように、葬儀に対する知識を持っている事が大切になります。人生の最後のセレモニーである葬儀は、日常の常識とは違う習慣がかなりあります。通夜や葬儀の日程を決める時には、昔ながらの「友引」と言う暦上の問題があります。友引とは六曜(ろくよう)という暦注項目の一つです。友を引くと言う字面から、友引の日に葬儀を行うのは原則として避けられています。自治体によっては、友引の日には火葬場が休みの所もあります。

友引の本来の意味は「相友引きとて勝負無し」と言う事で、縁起の悪い意味ではありません。しかし、よほどの事が無ければ友引の葬儀は避けた方が良いでしょう。最後のお別れに際して、無用のもめ事を引き起こす事は故人の安らかな眠りを妨げる事になりかねません。亡くなられた方を一番良い方法で見送る事が出来るように、葬儀に関する知識を備えておくように心掛けましょう。

PICK UP! サイト情報

  • 弔電を真心込めて贈るならこのサイトがオススメです

Copyright (C)2018葬儀後のお墓事情問題、あなたは納骨派、散骨派.All rights reserved.